代表メッセージ

一般社団法人チャイルドライフは、継続した質の高い福祉サービスを提供するために、地域啓発・教育を目的にしたセミナーを開催して、地域が抱える子育ての課題やニーズをサポートします。また、子どもたちがスポーツで余暇活動が出来るように、ジュニア/ジュニアユース/障がい者サッカーチームを運営しています。
ノーマライゼーション社会の構築を目指すためにも職員の多様な個性を伸し、教育を継続して行っていく事により醸成し創造性豊かな企業体になっていきます。

~ Everybody’s a dreamer ~

全職員が醸成できることを大切にしたい‼ 
誰でも皆、夢を追う事が出来る事業体として、経営理念を策定しています。 

Mission(社会定な目的)

職員が醸成していける環境を作り、継続した最善の支援を提供することにより、子どもたちの成長支援を目指します。

Vision(チャイルドライフの目指すもの)

ノーマライゼーション社会実現のためのソーシャルカンパニーを創る

6Value(チャイルドライフの価値観)

  1. 個人もチームも醸成する
  2. お互いに信頼し、信頼される
  3. 楽しくワクワクする気持ち
  4. 新しい変化は今より良くなる可能性がある
  5. 連携(協力)してシナジーを追求
  6. 時間を大事にする 

チャイルドライフの職員が大切にしていること

個人もチームも醸成する

・チーム力で醸成し成果を出す

チームとしての自分の役割を認識して行動する。情報共有を徹底し、チームワークで信頼を得られる施設になります。主語は、「私」ではなく「私たち」です。

・職員自らが知識を得て醸成する

自ら学ぶ姿勢を持ち、積極的に知識を吸収し、個人としても成長します。 
法人は、学ぶ機会を提供します。

お互いに信頼し、信頼される

・信頼関係を構築する

感謝の気持ちと誠意ある対応を行います。
保護者と職員の信頼関係を作り、人や仕事に対して誠実に向き合います。

楽しくワクワクする気持ち

・仕事は、面白くなくては良い仕事が出来ません

コミュニケーションをとり前向きに仕事に取り組めることは、ワクワク感に繋がります。

「新しい変化」は今より良くなる可能性がある

・すべてのものは変化し、現状維持はリスクであり衰退の始まりです。過去の経験や常識、知識偏重で、変化を止めません

新しい変化には「不安」や「心配」がありますが、変化させた結果、良い結果にならなかった場合は、元のやり方に戻せば以前と同じに戻れます。
変化させた結果、良い結果になれば今までより良い状態になります。
新しい変化がなければ今より良くなることはありません。

連携(協力)してシナジーを追求する

・常に他事業所とのシナジー効果を考え、新しい取組みを行います

変化に強い柔軟な思考で行動します。

時間を大事にする

・何かを始めるときに十分に考えることは重要ですが、行動して次のアクションに繋げることも重要です

考えることも行動することも、どちらも時間を大事にして、チャンスを逃さないようにします。

2016 ©General Incorporated Association of Child Life All Rights Reserved.